• 201707 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201709

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

横浜から日本橋へ

昨日は一日、よく遊びました!

大学時代の友達に「奈良美智の展覧会に行かない?」誘われ
「昼間暇だわ。行く〜」。朝、10時半に横浜美術館で待ち合わせ。
「奈良美智 君や僕にちょっと似ている」を鑑賞しました。

YOKOHAMA.jpg
 グランドギャラリーに展示された「 White Ghost」

横浜 奈良さん
↑ こちらはコレクション展に展示された作品で写真撮影可

現代美術に興味があるわけではないのですが、
奈良さんのかなり不機嫌な顔をした子供の絵は気になっていんです。
思ったより、温かい雰囲気の絵が多く、気持ちよく、会場を回り終えました。
タイトル通り、確かに友達のミヤやサミ、
小さい頃の私に似ているかもなんていう作品もあって、楽しめました。

一緒に行った友達のブログ

ランチは横浜クイーンズイーストのKIHACHIでおしゃべりしながら、ゆったりと。

友達と分かれて、16時過ぎに日本橋へ。
しばしウインドウショッピングをし、小津和紙で和紙等を選び
軽くおそばを食べてから、18時スタートの「お江戸日本橋亭 講談夜席」へ。

お江戸日本橋亭

そもそも講談とは? 何も知らずに行きました。

知り合いの在宅ホスピス医の内藤いづみ先生の半生を
講談師の田辺鶴瑛さんが
新作講談として発表するというので出かけたのです。

そうしたら、なんと内藤先生も甲府からスタッフの人と一緒に来ていて
思いがけずお会いできて嬉しくなってしまったのでした。
内藤先生の知り合いの方も多かったようで
満員御礼以上になって、高座の両脇にも観客が座るという
すごい状態でした。

内藤先生
↑ 「内藤いづみホスピス物語」を語った田辺鶴瑛さんと、あいさつに立った内藤先生


落語と同じかなと思ったら、
落語は会話によって成り立つ芸で、講談は話を読む芸ということです。
張り扇の「パンパン」という音が、
しゃべりのリズムを整えて、なかなかいいものでした。

21時に終了。
生ビールを1杯だけ飲んで帰宅。

↓ ワタシはずっとお留守番…
留守番:横浜日本橋

スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

コイデヒロコ

Author:コイデヒロコ
たくさんの方の「私物語」を
聴かせていただき、
それを和装本に仕立てて
お渡しする仕事をしています。
家では愛犬の
柴犬コナツに癒されてます。
・グリーフケア1級認定
・カウンセラーの勉強中

仕事のサイト
㈲officeSAYA

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。