• 201707 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201709

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

さらに思い出したこと

サザンカ

昨年、「小さい頃のことを聞き書き自分史に」とお話をいただいて、
昭和10〜20年くらいまで、
ご本人が5歳から15歳くらいまでの話しをまとめたhiromiさん。
小さい頃のご兄弟とのやりとりや、学校での友だちとのやりとり、先生のことなど、
暮らしていた吉祥寺あたりのことや当時の学校の様子を、
とても細かく覚えていらして
お話を聴く私にも戦前の吉祥寺の様子が目に浮かぶようでした。

そして、約1年経って、連絡がありました。

「出来上がった本を読み返したり、兄や友だちに見せたりしたらさらに思い出が蘇って来た。いずれは孫にも見せたいので、出て来る言葉の解説(欄外の註)ももう少し入れてさらにわかりやすくしたい」

「1年間の間にいろいろ思い出すことがあってね。でも、この出来上がった本があったからこそ、友と話しもできたんですよ」

確かに、そうですね。
1冊の本を仲介に、さまざまな思い出が蘇って来る。

「ああ、もっと残しておきたい話しがあると気がついたんです」

“和綴じの聞き書き自分史”のいい点は
気がついたときに追加できることかもしれません。

今回は、思い出を追加して、
まだ小学生のお孫さんが将来読む時のために、注記も増やしました。

そして今回は10冊希望とのこと。

「こういう本を作ったと見せると、“そんな小さな頃のことは思い出したくない”という人もいるんですよ。でも、自分のことと照らし合わせるようにして読んでくれる人もいる。そういう人を数えたら、やはり10冊欲しくてね」

書き溜めておいた文章もおありだったので、それも追加。
前書きも書いていただきました。

ひとりひとり、いろいろな自分史があります。

10冊 表紙

10冊よこ

スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

コイデヒロコ

Author:コイデヒロコ
たくさんの方の「私物語」を
聴かせていただき、
それを和装本に仕立てて
お渡しする仕事をしています。
家では愛犬の
柴犬コナツに癒されてます。
・グリーフケア1級認定
・カウンセラーの勉強中

仕事のサイト
㈲officeSAYA

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。