• 201406 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201408

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

『のんびる』8月号に掲載

 パルシステム生活協同組合連合会発行の『のんびる』8月号、総特集は“私タチノ平和宣言”。
 
 「草ノ根冊子ノ平和宣言」と称した前田和男編集長の後記には
 〜〜 「一つにまとまった「大きな声と「大きな言葉」の力は否定しないが、それは多種多様諸々雑多な「小さいけれどしぶとい声と言葉」に支えられないかぎり足元をすくわれる。
 ならば「大きな声と言葉」は大向うの「大きな世界」を相手にした「大雑誌」にまかせ、野草を誌名にしたわが「小冊子」にはそれにふさわしく、「小さいけれど多種多様諸々雑多でしぶとい平和談義」を集めよう。 〜〜
 とあります。
 30名以上に及ぶさまざまな視点が掲載されてます。

 その中の1ページで、officeSAYAで今年の1月に和綴じ本限定20部で作った『聞き書き/ いま、思い出す 船橋の戦前・戦後』を制作して感じた私の平和への思いを取材してもらいました。
 
 声高に何かを訴えるというのは苦手ですが、今できる私なりの「平和宣言」は、戦前・戦後の暮らしを語って頂いただいた68〜96歳まで13人の方々の話を次世代につなぐ役目を担っていくこと、と思ってます。

 第二弾の制作も予定していて、聞き書きも少しずつ進めています。
 次回は市内の中学校にも配りたいと考えてはいるところですが、時間&印刷の予算等、課題山積です。

表紙 たて B

中面 B

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

「シニア写真とほんの少しの私物語」

 カメラマンさん、ヘアメイクの方とコラボした「シニア写真とほんの少しの私物語」。

 ヘアメイク、カメラマンさんの撮影の間、約1時間、聞き手である私がちょっとした質問を投げかけて、人生の一片を語っていただきます。

 最初は「何を話せば…」と戸惑いの表情を見せていた方も、質問に応えているうちに、思い出が甦るようで、次々とお話が湧き出てきます。
幼いときの話、学生時代の話、生き生きと過ごしていた時間…、自分の人生をほんの少し振り返り、おしゃべりする。
自分の人生をほんの少し振り返り、大切な思い出を語る。
そんなときってとても柔らかで、本当にいい表情をされます。

 プロのヘアメイクさんによって、いつもよりずっときれいに変化している。 プロのカメラマンがシャッターを切る。
 撮られている自分を忘れて、大切な思い出を語る。

 おしゃべりは、B6判(128mm×182mm)のミニ本、およそ24ページに仕上がります。それと3面台紙付きの大判プリント3枚をお渡しします。

 今回、感想をいただきました。

「自分のことを他人におしゃべりするなんて初めての経験なのでどうしようと心配でした。
でも、上手にいろいろ聞き出していただいて、何気ない思い出話やとりとめもない話もうまくまとめていただいでありがとうございました。
久しぶりに幼い日々のあれこれを思い出し、家族に囲まれていい時間を過ごして来たんだなあと改めて感じました」

 撮影に立ち会った娘さんからの感想もいただきました。

「母が見る見るきれいに変身して、ステキな写真を撮ってもらったこと、娘として嬉しく思いました。
出来上がった本の中には、私の知らない母、一人の少女が自然に抱かれながら姉妹と過ごした無邪気な幸せの風景が広がっていました。
私が申し込んだので、母ははじめ自分のことで語ることなんてないと、消極的でした。
でも、終わってみると今回の体験をとても喜んでくれて、出来上がった本を嬉しそうに何度も見返していました。
少しは親孝行できたのかなと思っています」

メイクb

インタビュー b

中面シャシンb

中面 ブ

台紙に貼った大判の写真(ここには出していませんが)も、それはいい出来上がりでした!

Pagetop


プロフィール

コイデヒロコ

Author:コイデヒロコ
たくさんの方の「私物語」を
聴かせていただき、
それを和装本に仕立てて
お渡しする仕事をしています。
家では愛犬の
柴犬コナツに癒されてます。
・グリーフケア1級認定
・カウンセラーの勉強中

仕事のサイト
㈲officeSAYA

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。