• 201311 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201401

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

花いけバトル

花いけチラシ

 「花いけバトル〜GP王者決定戦2013」を観に行ってきた。会場は八芳園の白鳳の間。今年、行われた花いけバトルの勝者5人と昨年の優勝者の6人。

横地画抱 (華道相阿弥流21世家元/洋画家)
塚越応駿 (いけばな松風副家元)
宮永英之 (Designer)
伊藤庭花 (いけばな作家)
平間磨理夫(華道家)
上野雄次 (花道家)

そう、私が所属しているいけばな松風の副家元が出場するので、これは見とかなきゃと、出かけたのだ。

花を生けてバトル?
わずか5分で生ける意味は?

まあ、いろいろ思いはあったのですが、実際にパフォーマンスに魅入ってしまいました。
前から3列目の席だったので、バトラー(と言うんだそうだ)の息づかいさえ
聴こえるような。
あっ、その花、選ぶんだ。
その枝、どう挿すんだろう。
こちらの想像を超える、すごい作品がわずか5分で完成するのです。

結局バトルって、相手との戦いじゃなくて、自分との戦いなんですね。

あっという間の2時間半。

3人の審査員と200人の観客が、それぞれが生けた花に点数をつける。

優勝したのは、数々のベテラン、大先生たちを退けて副家元!!でした。
ブラボー!

花いけ 2

花いけ1

花いけ 3

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

クラシックコンサート

この夏から「船橋の戦中戦後 聞き書き」を始めた。
船橋で人に会い、話を聞く。
そのつながりで、他の人にも会う。

仕事も船橋の中小企業の取材だったりする。

なんだか、毎日船橋にいる感じ。

と、思っていたら
ヨーコさんから「クラシック、聴きにいかない?」と。

昨年もサントリーホールに誘っていただいた。
今年は五反田ゆうぽうとで、エルミタージュ美術館オーケストラ!
美術館所属のオーケストラがあるんだね、さすがエルミタージュ。

20年くらい前、飛行機でモスクワへ入り、それから特急電車で当時レニングラードと呼ばれていた
サンクトペテルブルクへ入って、エルミタージュ美術館にも行ったことがある。

なんと壮大な、キラキラしたところだろう。
素晴らしいというより、圧倒された。

今回は演奏中にバックのスクリーンで、美術館内の様子や町の様子が流れ、
曲目も私のような初心者にも優しい曲が多くて、
ゆったりと気持ちよく聴くことができた。

たまにはいいよね、クラシックも。

Pagetop


プロフィール

コイデヒロコ

Author:コイデヒロコ
たくさんの方の「私物語」を
聴かせていただき、
それを和装本に仕立てて
お渡しする仕事をしています。
家では愛犬の
柴犬コナツに癒されてます。
・グリーフケア1級認定
・カウンセラーの勉強中

仕事のサイト
㈲officeSAYA

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。