• 201310 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201312

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

神宮外苑のイチョウ並木

秩父の友だちと待ち合わせをして、午後神宮外苑へ。
この日は、夜、用事があったので、その前に遊びましょ、ということで。
彼女は「ユザワヤでクリスマスっぽい布を買いたい」。
私は「ふらり散歩もいいね」。
どっちも欲張りました。

神宮外苑


イチョウ並木は、テレビで見るより背が高く、色も濃い黄色で、すくっと空に向かって佇む姿が凛々しく思えました。

やっぱり本物は、いいですね。

イチョウ
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

視線の先に

朝、洗濯物を出そうとすると、
庭に出たいコナツは、窓に顔をつけて
窓が開くのを待っている。

そうして、20分くらい狭い庭をクンクンしたり、
ひなたぼっこをしているのだが、
この日はずっーとこうして上を見ていた。

視線の

近所の野良猫ちゃんか?

あ〜、そうでした。

先に

コナツが仲良くできるのだったら、家で飼いたいけど。
難しそう。

Pagetop

[Edit]

東京ドイツ村のイルミネーション

ドイツ1
遠くに富士山がくっきりと見えました。


土曜日、家を15時半に出て、車で東京ドイツ村へ、
イルミネーションを見に行ってきました。

12月に入ると、車が混雑すると聞いていたので、
早く行かなくちゃと思って出かけたんです。

到着したのは16時45分くらい。
まだ、空がかろうじて明るく、天気のいい日だったし、空気が澄んでいたから
富士山までくっきり見えました。
富士山て、ほんと見事なシルエット♡

ドイツ2

予想以上のイルミネーションの数とカラフルさに
満足。年に一度はどこかのイルミネーションを見るようにしようかな。

ドイツ3

Pagetop

[Edit]

「買い将棋」って知っていますか?

船橋市湊町で漁師さんにお話を聞いたときに、
「小さい頃(昭和20年前後)、子どもたちで集まって“かい将棋”をした」と言われました。
「かい将棋って、貝を使うんですか?」私。
「違うよ。買うってこと。buyの買うこと」
「初めて聞きました…」私。
早速、帰宅してネットで調べてみましたが、出てこない。
もしかして、戦前の船橋市の漁師町独自の遊びなのかしら。

やり方を書いてみました。
図解しないとわからないかなあ。


買い将棋の遊び方


<遊び方>
場に出された駒と同じ種類、同じ枚数の駒を出しながら、早く持ち駒がなくなった人が勝ちというゲームです。
3人以上で遊びます。

<駒の取り分け方>
よく混ぜた駒を並べます。表向きでも裏向きでもかまいません。ジャンケンで勝った人から並んだ駒を1枚ずつ、すべての駒を取り分けます。

<駒の強さ>
「王将」はオールマイティです。


<ゲームのすすめ方>
1、駒を取り分けたら、ジャンケンをして順番を決めます。勝った人が親になり、場に駒を出します。同じ種類の駒であれば、2枚以上出すことができます。出します。その場合、次に出す人たちは、出された駒と同じ種類で同じ枚数だけ出さなければなりません。

2、場に出たもの、例えば歩が三枚出ていたら、同じ種類、同じ枚数の駒(歩を三枚)を持っている人は、「駒の種類+数+受けまして」と声を上げてから、同じものを出します。この場合、「歩三、受けまして」と言って歩を三枚出す。

3、出せる駒がない場合、または出せる駒があっても作戦で出したくない場合は、「ないところ」と言ってパスできます。

☆「王」はオールマイティなので、相手が繰り出す駒が何枚であろうと、何であろうと1回だけ出すことができます。「王」を出すときだけは、「買いまして」と声を上げます。“チャンスを買う”という意味です。

3、場に出た駒と同様の駒、もしくは「王」も出ない場合は、最後に駒を出した人が次の親になります。

4、新しい親から順に駒を出していってゲームは続いていきます。最初に手持ちの駒がなくなった人が勝ちとなりますが、手持ちの最後の駒を出すときは、手持ち駒の「名称+上がり」、例えば「飛車イチの上がり」と声を上げます。

5、残った人たちでゲームは続けていき、順位がついて終わります。

<ポイント>
将棋の駒の種類と、それぞれの枚数を覚えておくのがポイントです。
王将(おうしょう)=2枚
飛車(ひしゃ)=2枚
角(かく)=2枚
金(きん)=4枚
銀(ぎん)=4枚
桂馬(けいま)=4枚
香車(きょうしゃ)=4枚
歩(ふ)=18枚

Pagetop

[Edit]

ポールマッカートニー東京公演

すごかった!
パワーもらった!
感動〜!

そんな単純な言葉しか出てこない。

なんと言っても、声の素晴らしさに心を奪われて
あっという間の3時間でした。

ドーム正面

71歳であの声、あの若さ。
19時10分くらいに始まって、終了が22時。
その間、ほとんど唄いっぱなしの体力。
恐るべし、ポール。

スーパースターなんだな、としみじみ感じました。

ビートルズ世代ではないし、
ポールの曲を知っているわけではない。
でもビートルズの曲は好きだし、
「チケットあるわよ〜」という知り合いの声に
「じゃあ、行ってみようかな」くらいの気分で
正直、それほど期待してなかったのです。
席も一番上の方だし…。

会場内部

熱狂的なビートルズファンやポールファンには申し訳ないな、みたいな。

でも、そんな私でも
ビートルズナンバーにはほんと、心がふるえました。

レッツ・イット・ビー
ヘイ・ジュード
イエスタディ
そんな名曲を生で聞くことができたのが、すごく嬉しい。

すっかりポールのファンになってしまいました。

Pagetop


プロフィール

コイデヒロコ

Author:コイデヒロコ
たくさんの方の「私物語」を
聴かせていただき、
それを和装本に仕立てて
お渡しする仕事をしています。
家では愛犬の
柴犬コナツに癒されてます。
・グリーフケア1級認定
・カウンセラーの勉強中

仕事のサイト
㈲officeSAYA

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。