• 201303 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201305

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

ワープロが出てきた!

納戸の整理をしているときに、ワープロが出てきた。
今、Macを使って仕事をしているけど、
20年前くらい(?)までは東芝ルポ。

ルポ

これでどれだけ仕事をしたことか、とすっかり懐かしくなりました。
私が仕事を始めたころは、
まだ手書きだったから消しゴムもよく使ったし、ペンだこもできた。

それがワープロ登場で、書き直しをしなくても、
カット・アンド・ペーストで文章の編集ができるのが嬉しかった。
最初は「手書きのが早い〜」と言いつつ、頑張ってキーボードを打ったなあ。

そういえばプロッピーもまだあるけど、持っていてもしかたないか。

聴き書きをしていて、現在では通じにくい言葉が出て来ると
脚注として、欄外で説明を加えているが、

「ワープロ」ももしかして、脚注の部類?

読者の年代によってはそうなりますね。
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

大声出してストレス発散

ストレス発散の方法?

スポーツジムでアクアビクスかな。
ショッピングセンターをふらりしながら、
ひとつでも自分のものを買う、というのもそうかも。
買い物して、おいしいものを食べるというのが一番かも。

先日、学生時代の友人に誘われて、
東京ドームの巨人vsヤクルト戦を観戦に行った。

その日は来場者全員に選手たちと同じデザインの
レプリカユニホームが配られた日で、
スタンド全体がオレンジ色に染まった。

となると、特に巨人ファンというわけでもない私も、
にわか巨人ファンに。

外野席だったからよけいに、
周囲の応援にあわせるべく、巨人の攻撃のときは立ち上がり、
ほかの人のマネをしながら大声で応援!

ボウカー選手のホームランが出たり、点が入った時は、
隣りの人(知らない人)や前の席の少年&青年(知らない人)と
ハイタッチならぬ、グータッチをして、はしゃいだ!

巨人の攻撃のときに、毎回立ち上がっての応援はちょっと疲れたけど
ストレス発散にはもってこいですね。

東京ドーム

Pagetop

[Edit]

3月の話ですが

3月に水仙を見に南房総に行ってきた。

今更のブログアップでお恥ずかしいのですが。
せっかくのきれいな水仙をアップしておきたくて…。

水仙

水仙いいとこ


友人の写真家飯田裕子さんに教えてもらったスポット。
房総の水仙といえば、鋸南町の水仙ロードが有名なので、ここって穴場!
「道の駅 富楽里とみやま」から、約1キロほどのところにある“とみやま水仙遊歩道”。
地元の水仙農家7軒分の水仙畑をつないだ3キロほどのコースで、多少の上りはあるけど、林の中を歩く気持ちのいいコースだ。
岩井海岸が一望できる展望台からの景色も素敵。

水仙見晴らし

水仙見晴らし猫

水仙猫

帰りは「富楽里」で新鮮な野菜やさんが焼き、アジフライなどのお惣菜を買って帰りました。

岩井海岸は、10年くらい前に2ヶ月程、リゾートマンションの部屋を借りて
週末毎に訪れたところ。(というと、ちょっとリッチな感じですが。訳あって激安で借りられたの)
ここを足場に南房総のいろいろなところに足をのばしたつもりだったけど、
まだまだ知らないところがいっぱい。

最近、足が遠のいていたけど
日帰りでも十分楽しめるし、また通って行きたい。

Pagetop

[Edit]

これもトラウマ?

「トラウマってある?」という話題になり、
心の傷があり後遺症が現れるってことだよな、と思い
「思い出せない。ってことは、ないんじゃないかなあ」と言ったら、

「プチトラウマは? ほら嫌な体験をすると、それがフラッシュバックしてとかあるじゃない」
と、ねばられて(?)しまい。

だったらあるかな。

二十代の半ばだったか、仕事で東海道新幹線を利用し、
東京駅に戻って来たときのこと。岡山から乗って来たから、かなり長時間
座席に座っていたことになる。
足が重くなっていたんですね、きっと。
ホームから改札口へ降りる階段で、足がカクッとなってころび、2段ほど下へ。
足が痛くて起き上がれないのに、誰も声をかけてくれない。
あのときの痛さと孤独感。起き上がるまでの時間の長さ…。
覚えてます。

だから、新幹線で東京駅に戻ったとき、階段の端をゆっくり降りるようになりました。
絶対転ばないように。

ほかの駅の階段はなんでもないのですが、東京駅の新幹線ホームからの階段だけは
今でも怖い。

これもトラウマですかね。

「そのときの感情をクリアにすると、プチトラウマは解消できるらしいよ」
クリア?

まあ、これくらいのだったら、クリアしなくて一生つきあってもいいかな。

いろいろな方のお話を聴いていると、
こうしたプチトラウマ、プチ苦手体験は(あくまでもプチ)、
大げさに言うと人生の彩りになってるなって思う。

ん? 言葉が足りないですね。

Pagetop

[Edit]

お気に入りの曲

ちょっと大げさかもしれないけど…、
人生の中で、「これ!」と思う曲、何度も繰り返し聞きたくなる音楽に出会うときってありませんか。

それはもしかしたら、中学生や高校生の頃、大好きな人を想っていて幸せ&不安に揺れているときや、何か心を痛めたりしたときだったりするかも。
感受性の豊かなときだものね、なんて言われちゃう年齢の頃が多いと思う。

私もあります、大切な曲が何曲か。

でも、また出会っちゃったんです、最近。
NHKのドラマ特集「ラジオ」の中で流れた曲。♪ソーレ、ソーレ♫ という掛け声と,好きな歌声とシンプルな歌詞とすべて気に入ってしまった。

早速ネットで調べて、THEイナズマ戦隊というグループの『応援歌』(youtubeはこちら)という曲と判明。250円でダウンロードして、繰り返し聴いてます。

今の私はこういう応援が欲しかったのかな。

ちょっと今、頑張れない時期なんだけど、そろそろ動き出さなきゃという感覚を知っている人に聴いてもらいたいな。

上り坂だけど頑張ってます
頑張ってます

Pagetop

[Edit]

お花見

お花見の日を設定するのって難しい。
今年は桜の開花が早いから、ちょっと予定が立ちにくかったかもしれないですね。

私は3月27日にお花見しましょう、と誘われていて。
とても楽しみにしてたのに、なんと小雨でしかも寒い日。
なので、散歩して桜を楽しみ、宴会(?)は家で。
なだ万厨房のお花見御膳をいただきながら、
おいしいビールとお酒&おしゃべりを楽しみました。

花より団子ということ。

23日の土曜は、夕方になって急に思い立ち、千鳥が淵へ夜桜見学。
すごい人出だったけど、さすがに大勢の人を集めるだけあって、
本当に見事な桜。
お濠を覆うように咲き誇る桜に
「来てよかった!」と素直に思いました。

こちらは飲&食なしで、ひたすら桜を愛でましたよ。

iphoneで撮影。でも、ぶれてます(泣)
千鳥が淵1


Pagetop


プロフィール

コイデヒロコ

Author:コイデヒロコ
たくさんの方の「私物語」を
聴かせていただき、
それを和装本に仕立てて
お渡しする仕事をしています。
家では愛犬の
柴犬コナツに癒されてます。
・グリーフケア1級認定
・カウンセラーの勉強中

仕事のサイト
㈲officeSAYA

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。