[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

砂浜好きの犬

日曜の夕方。
なんだか車でどこかに出かけたいなあと思った私。

車で15分弱の三番瀬・ふなばし海浜公園にコナツと行きました。
すでに時間は6時。
梅雨の晴れ間でしたが、夕方はさすがに空も雲で覆われ、
海の台風の余波か波が高く、しかも満ち潮だったので、
かなりの迫力!

以前は週末の朝に、パン屋さんでパンを買って、それを持って
ここへ来て、
散歩をしたり、芝生で朝食にしたりしてたんです。

でも昨年の3月11日の震災による液状化で長らく封鎖していました。

まだ、一部工事中だったり封鎖していますが、
身近な“海”が復活してくれて嬉しいです。

コナツは砂浜を走るのが大好きで、しかも、干潟にも入ってぴちゃぴちゃ歩くのも好き。
この日も短い時間でしたが、
ほんと、楽しそうでした!

三番瀬
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

3冊お届けしました。

「語りを本に」が完成して、今日届けてきました。
ご本人からOKをいただいて、出来上がった本をアップしてみます。

イイダ父本3冊


この方は数年前にリタイアされましたが、耳鼻科の医師として
地域で親しまれてきました。
「本に残したいのは15歳の終戦までのことです」とおっしゃって
小さい頃のご家族との様子や、
戦争中に送った小学校、中学校の思い出を中心にまとめました。
医師と言う職業柄、「本といえば横書きのものというイメージで、
文章をまとめるのもいつも横書きだったから」と文章は横組みです。
写真はセピア色に加工して載せました。

イイダ父本中身


1冊は布の表紙。2冊は和紙の表紙。
奥様がたくさんの布を集めていらっしゃるということで、
和紙の表紙に、お気に入りの布を貼ろうかと考えていらっしゃるそうです。
ほんとに、オリジナル!の本ですよね。

Pagetop

[Edit]

「ほりねえむし」

秩父のおばあちゃんの音声データを起こすにあたって、
ずいぶん前に亡き父からもらった『秩父っ言葉と民俗』
という本を読み返しました。

本には秩父の方言と年間の行事のことが書かれています。

方言は、昭和のはじめから終戦の年ぐらいのものを集めたということで、
ほとんどが聞いたことのないものでしたが、
いくつかはわかる、わかると懐かしくなる言葉でした。

「こてぇさんねえ」
今でも年配の人は使うんじゃないかな。
“堪えられない”の意味ですが、なぜかプラス思考のときだけに使います。
だから、“すごく嬉しい”って感じですね。

例/「こんなにご馳走ばかり出てこてぇさんねえんな」などと使います。

「まさか、ほりねえむし」
これは私の祖母も使ってました。
で、「おばあちゃん、ほりねえってどういう意味?」と聞いたことがあります。
「〜〜むし」は聞いたことないけど。
まず「まさか」は“大層な”“すごく”などの意味。
「まっさか」って言う方が雰囲気が出ます。
「ほりねえ」は“恥ずかしい”“恐縮する”という意味。

例/「おばあちゃん、今日のカーディガン素敵! よく似合ってるね」
「まさか、ほりねえなあ」(と、照れる)という感じかな。

IM方言本

著者坂本時次・堀口英昭 1978年5月/木蘭舎刊

Pagetop

[Edit]

コナツとまったり

毎日、出かけてばかりいて、
コナツとまったりしてないなあと思って
夕べはなでしこジャパンをTV 観戦しながら
コナツのおもちゃを投げたり、おなかを
なでてあげたり。
癒されます。

@コナ疲れて44631
↑ 遊んでくれないんでしょ?

コナツ
↑ わあ、嬉しい、なでてなでて。

Pagetop

[Edit]

TAHITIでの時間を思い出した

今から20年以上前、初めてタヒチに行きました。
大学時代の友人miyaちゃんとの二人旅。
まだ、そう何度も外国に行ったわけではなかったのに、どうしてタヒチを選んだったっけ。

写真集で見た、青という言葉だけでは表せない、何とも言えない色彩の碧く透明な海を、
この目で確かめてみたい。そんな気持ちだったと思います。

圧倒的な景色の美しさと、出会う人々のフレンドリーさ、
パペーテの港の屋台村、自然豊かな島なのに、どこか洗練されている雰囲気、
ゴーギャン美術館、何もかもが印象的で、
「また、もう一度来たい」と思いました。

その数年後、今度は取材で1週間ほど滞在しました。
パペーテの街は相変わらずにぎやかで、市場にも
ホテルでのホテルのレストランでいただき、ポリネシアン風のフレンチもとても美味かったです。
タヒチ島の西岸にあるマラエ(ポリネシア古代宗教の祭祀殿)では
パワーをもらっている!と感じながらそこにいました。 
シュノーケリングでマンタに遭遇したのも感動でした。

ヨーカドーで買ったHINANOビールのおかげで
久々にタヒチの幸せな時間を思い出しました。

Iヒナノビール

Pagetop

[Edit]

飲んで食べて、しゃべって

年に2度くらい集まるメンバーは、10年程前までは
みなよく食べて飲んで〜、すごかったんです。
でも、「最近、以前の半分くらいしか食べられないよね〜。
酒量も減ったね〜」と言いながら、
写真に撮ってみたらすごい量の料理ではありませんか!! 

これ+韓国風鶏鍋+デザート、そしてお酒はシャンパン、ビール、
濁り酒、ワイン…。何人前かって? 女子会参加は5人です…。

いや〜、昔はどんだけ食べたかってことですね。

安部ちゃん料理


これは参加者のIさんが「自宅の庭のだけど」と持参した花
イイダさんの花


Pagetop

[Edit]

甘〜いサクランボ

今年も山梨から初夏の味覚、甘〜いサクランボ届きました!

国産のサクランボは、なかなか自分で買う勇気がない、
なんたってお値段が…。
だから届いたときの喜びはひときわなのです。

「こんな贅沢していいのかしら」
なんて言いながら、美味しくてついもう1個、もう1個と
食べちゃいました。
幸せ〜。

日々

200お留守番
どうせもらえないよね

Pagetop

[Edit]

海老名の叔母の家へ

すきっと晴れた日曜日。

車で海老名市にいる夫の叔母さまの家へ。
聞き書きを仕事にしてるのだから、
自分の身近な人の話も聞いておこうよ、というわけで。

来月80歳になるそうですが、
私が持つ80歳のイメージを大きく、いい意味で
壊してくれました。
相変わらず美しいし、おしゃれだし、
お庭にも彩り豊かな花が咲いているし、
「お昼は、ゆっくりおしゃべりしながら食べようと思って
ビーフシチューを作っておいたわ」
なんて、ほんと感動。

夫は亡き母や父の話を聞いて、きっと嬉しかったんじゃないかな。
一緒に聞いていて、
「あっ、今、宝物の言葉をもらったね」なんて
思っていました。

やっぱり年上の方のお話を聞く、そしてその言葉を残しておくことは
大切なことなんだなあと改めて思いました。

ビーフシチュー

デザートにキウィゼリーもありました。
ごちそうさまでした。

Pagetop

[Edit]

テレビでスポーツ観戦!

最近、スポーツ観戦はもっぱらテレビに
なってしまいました。

昔は(って、つい使っちゃうねえ)、プロ野球も
バレーボールも、サッカー(は5回程度だけど)と
観に行ってましたが。

先週は男子バレーをどきどきしながら観戦。オリンピックは逃したけど、
きっと今の時点での実力は出せたんじゃないかしら。
ここ数年は、国際試合でもかなり頑張ってたので
応援のしがいがありました。

土曜のサッカーは、かなり安心して観ていられたから
美味しい日本酒などいただきながら、リラックス!
たまには、安心して観られる試合もよかったです。

サッカー1

また、テレビ観るの?


サッカー2

じゃましちぇえ!

Pagetop

[Edit]

エリザベスカラー

コナツのことがかわいくてしかたなくて、
朝に夕に散歩に連れて行っているというのに
トモアキパパさんに対して強気なコナツ。

「散歩だよ」と玄関へ連れて行こうと抱っこすると
必ずガゥッ、ガッガッとすごい形相!
甘やかしすぎました!

でも先週は角膜炎で
こんなことなっていたんです。

コナ エリザベス


↑ 笑わないでぇ、いやなの、取りたいの。


この写真は外に出て笑って(?)いますが、
初日はふさぎ込んで(?)、落ち着かなくて。

「柴犬は神経質ですからね」と女医さんに言われました。
目薬2種類を毎日5〜6回を5日間、で完治しました。

Pagetop

[Edit]

友人がパン屋さんを開いた!

日曜は埼玉県飯能市、東吾野駅の近くで
パン屋さんを開く友人のとこへ、お手伝いに。

「あがのん」という名前のパン屋さんで
3日がプレオープン。

あがのん看板



開店と同時に近所の方たちがやってきて、デニッシュ、スイートロール、
あんぱん、カレーパン、ピロシキ、食パンなどなど買っていただき、
あっという間に売り切れ。
感謝ですねえ。

7月のグランドオープンまでは11〜18時営業(水曜休み)。
ランチもやってます。
焼きたてパンのおいしさはもちろんのこと、ウッディな建物もステキ。
デッキはワンちゃんOK。

夏は水遊び出来る川を眺めながら、
気持ちのいい時間を過ごせます!

あがのん外


あがのん


みなさん、よろしくです。
7月にグランドオープンしたら、朝8時開店だそうです。

飯能方面から秩父へ向かう国道沿い。
東吾野駅の手前、左側です。

250お留守番見つめる


↑ 今度はワタシも連れて行ってね

Pagetop

[Edit]

外遊びしたい子供

忙しい週末でした。

土曜は朝5時10分に家を出て、福島へ。
相馬市でほんの少しですがボランティアをしてきました。

「子供もだいぶ落ち着いてきていますが、
余震がくるとやっぱり大変なんです」
と、小さなお子さんのいるママ。

「外で遊ばせたくないけど、
いつの間にか出ちゃっててて。
安心して外遊びさせられる日がくるのかな」
と。

小さな子供たちと久しぶりに接して、
こちらのほうが癒され、元気をもらった時間でした。

@コナアップ


 ↑ ワタシもお外が大好き



Pagetop


プロフィール

コイデヒロコ

Author:コイデヒロコ
たくさんの方の「私物語」を
聴かせていただき、
それを和装本に仕立てて
お渡しする仕事をしています。
家では愛犬の
柴犬コナツに癒されてます。
・グリーフケア1級認定
・カウンセラーの勉強中

仕事のサイト
㈲officeSAYA

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。