• 201705 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201707

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

マトリョーシカの自分史

横 360

友人の退職記念に、仲間5人で贈ったマトリョーシカ。
このマトリョーシカ、イラストレーターさんにお願いして描いてもらったもの。その人らしさがにじむよう考えて作ってもらいました。

仲間たち「これって、ある意味自分史だよね」
本人曰く「とんでもない人生だなあ(笑)。でも、こういう贈り物をしてくれる友人がいるっていうのが一番嬉しいわ」

ひとつひとつの説明は個人情報(?)になるので、あえてしませんが、「その人らしさ」「その人が過ごして来たこと」「その人のイメージ」「その人の現在」「そして未来」が、この子たちに表現されています。

もし、自分だったらどんな絵柄になるのかなあ。
セルフイメージと他人からのイメージは異なることが多々あるから…。

今回のマトリョーシカというアイデアは、
いろいろと面白いものを見つけて来るのが上手で、プロデュース力もあるKさん。

喜んでもらえてよかったです。

たて 360

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

『船橋の歴史散歩』

宮原

一昨日は「船橋観光まちづくりスクール」の講座に参加させていただきました。

『船橋の歴史散歩』(崙書房)著者の宮原武夫さんから、
歴史を見る視点と手法についてお話をいただきました。

「戦後になっても、文字に書き残されていないものは歴史ではない、ということが通用していました。権力の正統性を記録して叙述するのが宿命だった歴史を読み直して、そこから普通の庶民の歴史をどうやって見つけ出すか。それがこの本の隠れた課題でした」と。

中身の濃い講義でした!

この本、船橋東武の旭屋で数週間、売り上げベスと10に入っていたそうです。
地元の歴史に興味のある方ってたくさんいるんですね。

Pagetop

[Edit]

韓国料理、好き

5月4日は妹と新宿で待ち合わせをして、
GAP(全品半額セール中♡)やZARAで買い物して、
新大久保へ移動。韓国ショップなどを流して、
早めの夕飯は大人気店の「おんどる」へ。
ここでハセガワさん合流で3名に。

食べましたよ〜。
サムギョプサル、コチジャン生三段バラ、キムチ盛り合わせ、海鮮チヂミ…。
でも、いろいろなメニューを試すのには4〜5人いるといいなあ。
生マッコリも飲みました。
旨し、旨し。
おんどる

Pagetop

[Edit]

秩父へ

秩父武甲山

5月3日は母方の祖父の三十三回忌の集まりに出席。

昨年の夏以来の故郷・秩父。
久しぶりに池袋からレッドアローに乗って。

叔父や叔母たち、従兄弟(私には16人の従兄弟がいます!)、従兄弟の子どもたちと会いました。

私にとって祖父の思い出は夕方になると焼酎を飲んでいたこと。しっかりおしゃべりした記憶はありません。
でも、今日、叔父がおじいちゃんの日記の一部を披露してくれました。

昭和5年のこと。
家族中の期待を背負って、東京の学校で勉強していた弟が病気で亡くなったことの悲嘆が綴られた日記。自分ももっと勉強したかったこと。命は限られたものだから、今を精一杯生きなければという思い。

20年前に祖母が亡くなったとき、私は、祖母がつけていた家計簿日記の言葉をピックアップし、祖母の遺稿集を作りました。それは、今読み返しても、祖母の人となりが伝わってきます。昨日も「あれは、いいのを作ってもらってよかったなあ」と話が出ました。

祖父という人のことも、もっと知りたかったなあ。
ちょっと偏屈で、気難しい感じだけど、大人同士としておしゃべりしたら、結構気があったんじゃないかなあ。

新緑の山々、見るたびに少しずつ形を変えているけど毎日見ていた武甲山。
故郷がある、って幸せです。


この写真、下にあるのは桑の木。祖父母の家は昔は養蚕農家で、家の周りは桑畑になっていました。今は見なくなったけど。
桑畑

Pagetop

[Edit]

 初めて見ました!

町内には町会のお知らせを張り出す掲示板がありますよね。
でも、こんなの初めて見ました。

町会 1

町会 2

船橋市も津波ハザードマップを全世帯に配布するということですが、海まで1キロもないくらいだから、どうしたって心配です。
3.11を期に、津波から逃れるにはどこへ避難すればいいだろうか、と家族で話しをしました。それまでは、「地震が来て、家にいられなくなったらここね」と避難場所を話していましたが、津波のことは正直、全く考えていませんでしたから。でも、いつ災害に襲われるかわからないんですものね。

『人が死なない防災』(集英社新書)
生存率99.8%の背景。釜石の小中学生は、なぜ主体的に避難できたのか。

釜石市の危機管理アドバイザーを努めてきた片田敏孝群馬大学大学院教授の著作です。



Pagetop


プロフィール

コイデヒロコ

Author:コイデヒロコ
たくさんの方の「私物語」を
聴かせていただき、
それを和装本に仕立てて
お渡しする仕事をしています。
家では愛犬の
柴犬コナツに癒されてます。
・グリーフケア1級認定
・カウンセラーの勉強中

仕事のサイト
㈲officeSAYA

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。